枝幸町章 緊急連絡先 防災・消防・救急 検索 HOME 暮らしの情報 子育て・教育 移住情報 観光情報 入札情報 町政情報 リンク集 職員の採用

枝幸町での今後のエゾシカ対策

枝幸町での今後のエゾシカ対策

捕獲活動を推進するため、猟友会への捕獲報償費を平成23年度の1頭当り3,500円から平成24年度は5,000 円に増額しました。平成25 年度からは7,000 円にさらに増額すると同時に、新たに整備される有害鳥獣等減量化処理施設までの死骸・残滓の運搬経費を計上します。

これまでも捕獲現場では鳥獣保護法による処理方法に沿って「持ち帰り」又は「埋設」の処理作業を行ってきています。しかし、狩猟できる現場での処置は地形的要因と積雪寒冷の気象要因が重なり重労働でした。捕獲頭数を増やす上で、死骸・残滓の「持ち帰り」に必要な機材の導入が求められていました。このため平成25年度の減量化処理施設の供用開始にあわせて、死骸・残滓の運搬車両として小型クレーン・電動ウインチ付のピックアップトラックを猟友会に貸与することとしました。減量化施設の整備と合わせたこのような総合的な施策により、捕獲活動の推進をいっそう図っています。

エゾシカ駆除対策事業(平成25年度から)

エゾシカ捕獲活動推進

  • 捕獲報償費を5,000円から7,000円に増額
  • 処理施設までの死骸、残滓の運搬経費を新設
  • 冬期間の囲いわなによる捕獲事業の実施
  • 町、猟友会による一斉駆除の実施

有害鳥獣等減量化処理施設供用開始

  • 死骸、残滓運搬車両の整備
  • 猟友会へ小型クレーン・電動ウインチ付のピックアップトラックの貸与
  • 処理施設専用作業機械購入:小型ホイールローダー(バケット容量0.7m3)1台

枝幸町鳥獣被害防止計画変更

  • 「有害鳥獣の枝幸式発酵減量法」処理の明示
  • 計画期間の変更
  • 計画・政策・評価制度
  • 組織機構・人事行政
  • 条例・規則・公示
  • 財政状況・行財政改革
  • 枝幸町議会
  • 枝幸町教育委員会
  • 枝幸町農業委員会
  • 建設・土木・道路・河川・港湾
  • エゾシカ対策
  • 国際・地域交流
  • 町勢要覧・統計資料
  • 公共施設等一覧