枝幸町章 緊急連絡先 防災・消防・救急 検索 HOME 暮らしの情報 子育て・教育 移住情報 観光情報 入札情報 町政情報 リンク集 職員の採用

【無症状の方対象】新型コロナウイルス検査費用助成事業について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大や重症化を防止するため、症状がなく自費で受けたPCR検査等の費用の一部を助成します。

*この事業で行う検査(無症状の方対象)は、枝幸町国保病院では実施していません。

対象者

①65歳以上の方(枝幸町民の方)
②基礎疾患のをお持ちの方(枝幸町民の方)
 ・慢性閉塞性肺疾患、慢性腎臓病、糖尿病、高血圧症、心血管疾患等
③枝幸町へ帰省してくる児童、生徒、学生(枝幸町民の子弟)
④町外へ里帰りして帰町する方(枝幸町民の方)
⑤受験、就職試験のために町外に滞在し帰町する方(枝幸町民の方)

※帰町する4日前から14日後までの間に行った検査を実施した方
※陽性を認定され帰町できなかった方

Q&A

Q1 枝幸町に住所がないと助成は受けられませんか?
A1 対象者①②④⑤についてはいずれも枝幸町に住所のある方が対象となります。
  ③については、枝幸町内に住所のある直系2親等以内の親族のお家へ帰省される児童、生徒、学生さんの
  場合、住所は問いません。

Q2 手続きに必要なものは何ですか?
A2 検査にかかった費用・検査日・検査を受けた人がわかる領収書、検査内容がわかるもの、助成金を振り
  込む口座がわかるもの(ゆうちょ銀行の方は通帳)をお持ちください。
  ネットなどの利用により領収書がない場合は、検査内容及び料金、検査を受けたことがわかるメール
  などを印刷してお持ちいただくか、手続きの際に転送などの処理をさせていただきます。

Q3 抗体検査も対象になりますか?
A3 助成の対象となるのは、PCR検査と抗原定量検査のみです。受けた検査の内容がわかるように領収書に
  記載していただくことをお勧めします。

Q4 申請は本人じゃないとだめですか?
A4 書類がおそろいでしたら代理の方でも申請できます。

Q5 9月末の帰省時に受けようと思うのですが、申請も9月30日までですか?
A5 申請が9月30日を過ぎる場合は事前にご連絡ください。

助成額

上限額 20,000円

※令和3年度以内であれば上限額に達するまで何度でも申請できます
※対象となる検査はPCR検査と抗原定量検査です
※医療機関で実施された検査の他、通信販売等で購入された検査キットで行う検査も助成の対象となる場合があります。

対象期間

令和3年9月30日までに受けた検査

※申請期間は検査結果を受け取った日から2か月以内(不安な方は事前にご連絡ください。)

助成の流れ

①検査費用の領収書と助成金の振込先がわかるものを役場窓口に持参する
②役場窓口にて申請書を記入し、必要書類をそろえ提出する
③審査後、指定された口座に助成額が支払われる

※通信販売等で購入された検査キットについて、領収書の提出が難しい場合についてはお問合せ下さい

【申込み・お問合せ】
 保健福祉課保健予防グループ 電話62-4658

発熱やせきなどの症状がある場合

発熱やせきなど気になる症状がある場合は、自費での検査を受けるのではなく、かかりつけ医または枝幸町国保病院の発熱外来か、北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センターにご相談ください。

■枝幸町国民健康保険病院 発熱外来(月~金 電話受付 13:30~14:30)
 
 電話 62-2111(必ず電話でご相談ください)

■北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センター(24時間対応)

 電話 0800-222-0018