枝幸町章 緊急連絡先 防災・消防・救急 検索 HOME 暮らしの情報 子育て・教育 移住情報 観光情報 入札情報 町政情報 リンク集 職員の採用

EOSとは

枝幸町情報通信基盤施設(EOS)

EOS(えさしオプティカル・ステーション)とは、防災・テレビ視聴対策などのため、町内全域に光ファイバー網(えさしオプティカル・ネットワーク)を敷設し、枝幸町が運営する非営利の町民向けケーブルテレビ事業です。
平成23年4月1日の開局以来、地上デジタルテレビ・BS110゜CS放送を町内全世帯に同時再放送をするほか、枝幸町による自主放送チャンネル「イオスチャンネル」を放送しています。

テレビジョン放送の再放送

センター施設から受けた地上デジタル放送の電波信号を、光ファイバーで各ご家庭に送信します。ケーブルテレビ放送のため、アンテナやBS・CSパラボラがなくても視聴することができます。

視聴可能チャンネル

  • 地上デジタル放送(7波)
  • BSデジタル放送
  • 110度CS放送

有線テレビジョン放送「イオスチャンネル」

枝幸町のケーブルテレビを通じて、枝幸町による自主チャンネル「イオスチャンネル」を放送しています。デジタル11チャンネルにて、町民は無料で番組を視聴することができます(ケーブルテレビに接続している枝幸町内の世帯、または町内の公共施設なども視聴可能)。

自主制作番組「イオスインフォメーション」

町内行事などの紹介や、枝幸町からの各種お知らせなどを放送しています。番組内にはさまざまなコーナーがあります。

タウンインフォメーション 枝幸町からの各種お知らせ
EOSねっと 町民・団体からのPR・告知
がんばれスポきっず 町内のスポーツ少年団の紹介
クローズアップ さまざまな取り組みを詳しく紹介
健康つくり隊 保健師が健康に関する情報を紹介
図書館からのお知らせ かみしばいの日や新刊情報などを紹介

自主制作番組「イオススペシャル」

イベントや講演会などを特集して放送。

生放送

枝幸町議会や、えさし商工納涼まつり花火大会などを放送。

データ放送

イベント情報やお悔やみ情報などを掲載。

放送スケジュール

1日の基本的な放送予定は、朝7時〜深夜1時までの18時間(3時間 × 6回)です。
番組は、2週間ごと(隔週金曜日の朝7時)に更新します。
朝4時から6時45分まで「三笠山カメラ」より、枝幸市街地の様子を生放送でお届けしています。

音声告知放送

各ご家庭に設置している端末機を使用して、各種お知らせを音声でお届けするサービスです。平常時はチャンネル切り替えにより、AMラジオ放送を聞くことができます。

音声告知放送の種類

緊急放送(防災情報)

火災などの緊急のお知らせを放送します。本庁舎総務課などから必要に応じて放送されます。提携の全国瞬時警報システム(Jアラート)は、24時間自動的に放送されるシステムのため、深夜でも放送されます。

行政情報放送

迷い犬や選挙啓発、各種行事の中止情報などが流れます。各担当部局からの放送依頼により、情報通信センターから翌日の朝8時と夜6時30分の2回の予約放送を行います(重要な放送は録音指定で流れるので、端末機に放送内容が残ります)。

枝幸町情報通信基盤施設(EOS)の概要

運営者 枝幸町
所在地 枝幸郡枝幸町本町880-1 枝幸町中央コミュニティーセンター 3F
開局日 平成23年4月1日
事業内容 有線一般放送事業(有線テレビジョン放送・有線ラジオ)、電気通信事業(IP電話)
事業エリア 枝幸町全域
接続台数 4,345台(平成29年3月31日現在・ONU設置数)
線路延長 361km(当初:317km・強じん化事業:44km)
伝送線路の種類 光ファイバー
事業費 2,998百万円
    財源内訳 国補助金:2,541百万円(地域情報通信基盤整備推奨交付金・公共投資臨時交付金
         地方債:454百万円(過疎対策事業費)
         一般財源:3百万円

  • 届出・証明・書類
  • 環境衛生
  • 保健・予防
  • 福祉
  • 妊娠・出産
  • 税金
  • 消費生活
  • 国民健康保険・国民年金
  • 公営住宅等
  • 文化施設
  • 体育施設
  • 防災・国民保護
  • 助成・手当・事業支援
  • 町営ケーブルテレビ
  • 土地取引関係